雨が降るらしい

雨が降るらしい。だからだろうか、昼には雲が出始めて夕方は昨日より暗い空を表していた。そんな曇天ではテンションも上がらず、終始うぼぁ(゜Д゜`)と呆けつつ仕事をしていたような気が……あ、いや、本当は超元気でね? もうテンションアゲアゲ、こう、リングのサイズ直しやチェーンの修理なんかもそそそそそそそそそぉぉぉおい!!って感じでこなしてましたぁ! (ノ`・ω・)ノ……うん、嘘です(´・ω・`)超ローテンションですぁ。でもそういう時に限って納期が近いやつがあったりでてんやわんやになっちゃうんだよなぁ。思い出したくないから日記には書かないけどさ。さて、修理で出会ったコンビリングについて少し書こうと思う。コンビリングは二種類の地金が重なったシンプルなやつが多く、異素材同士の色が映えるので大変綺麗に輝きます。彫りなんかあるやつも多く、ハワイアンとかヨーロッパ系によく見られるね。日本の木目金も異素材同士の組み合わせだが、あれは今回のコンビとは別に考えられるので省きます。しかしこのコンビというヤツはサイズ直しが大変難しいから困ったもんです!(ノД`)どうしてかっていうと、地金ってのはそれぞれ熱膨張、熱伝導率、融解温度等性質が全く異なるってのは当たり前ですね。

それを踏まえて例えば比較的オーソドックスな組み合わせの金とプラチナが合わさったヤツ、これをサイズ直ししようとして火を当てるとするだろう→そうすると性質上、金の方がプラチナより低い温度で広範囲に熱が伝わる→金が先に膨張して硬いプラチナを押してしまう→プラチナは熱が伝わりにくく硬いままなのでこの金の膨張に反発→リングに異常なテンションが掛かり作品が壊れる→俺終了のお知らせ。

上記のようなことになるんだね(´Д`)しかもこれにピンクゴールドのような社交性の無いヤツまで来たらもう無理ゲーです。確実に割れます。実際見てみると凄いぞぅ、ロウ材を流し込もうと火を当てるとみょーんって伸びてくの。マジ勘弁してくださぁぁあい!! (´;ω;`)……まあ、それをサイズ直しできるのが職人なんだけどね。まだ経験が足らないんだよなぁ。明日は休み。色々と買い物に行きたいんだが、今夜降る雨が止むかどうかが心配である。傘立て、買えるかなぁ(´゜ω゜)?最近参考にしているサイト⇒http://tokyo-sharing.jp/